2014年10月06日

Being positive

2011年4月のMRTアンモキオ駅の事故で両足を切断した Nitcharee Peneakchanasak さん(18)がタイに帰国したソーダ。

厠所的諸注意Thai teen in MRT accident moves on with life(Channel NewsAsia)
(略)She said she hopes to study law and psychology and use the knowledge to help people.(略)

"There is nothing I can do to change what happened. Being negative does not help, it just makes things worse. Being positive and having positive thoughts can help me stay happy," Ms Nitcharee said.(略)
三年半もシンガポールで治療(とリハビリ?)してたのでショーか。
検索してみりゃ事故当時にイロイロな疑惑も取り沙汰されていたヨーダが、挫けずに生きて行ってホシーーーノ。

hasihasi at 12:49│Comments(0)TrackBack(0)clip!sg 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔