2014年10月30日

目指す“点”

南極探検隊員のノート、氷の下から100年ぶりに発見(CNN)
IU英探検家ロバート・スコット率いる南極探検隊のメンバーが書き残し、雪の中に埋もれていた1冊のノートが約100年ぶりに見つかった。(略)ノートの持ち主は、1910〜13年のスコット隊に参加した医師で写真家のジョージ・レビック。

(略)スコット隊は1912年1月に南極点に到達したが、世界初を争ったノルウェーのアムンゼン隊にわずか33日の差で先を越された。スコットらの一行はこの帰りに遭難死した。南極点へ同行しなかったレビックら6人のチームは夏の間アデア岬で調査活動を続け、氷穴で冬を生き延びた後、エバンス岬の基地へ移動した。
・・・それは・・・開けてはイケないパンドラの匣では?

hasihasi at 12:52│Comments(0)TrackBack(0)clip!ホカ | kr

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔